エラの輪郭形成術比較 手術と注射


10代の頃からエラが張っているのがコンプレックス


10代の頃からエラが張っているのがコンプレックスでした。 なんとかしたいと整形外科に相談に行き、私の場合には二つの施術法での輪郭形成 方法があると説明を受けました。

一つはエラの骨を削る「骨削り」という方法です。 そしてもう一つは「ボトックス・ボツリヌストキシン注射」という方法です。

「骨削り」は文字通りエラが張っている部分の骨を削り、また筋肉と脂肪も除去するというもので、 「ボトックス・ボツリヌストキシン注射」は奥歯を噛みしめる咬筋が発達しエラが張っている状態になっている人に 当てはまる方式で、ボツリヌス毒素製剤を注射することで筋肉の働きが抑制され輪郭形成へとつながる方式です。

Honey Clinic
ボトックス注射 【アヴェニュー六本木クリニック】
おすすめのクリニック 【よこはまエーブクリニック】


両方式について比較してみました。 魅力は永久的にエラにさよならできる top